SRB-3

SRB-3概要

SRB-3はコンポジット推進薬を用いた固体ロケットで、H3ロケット用の固体ロケットブースタとして開発しています。 H-IIAロケットとH-IIBロケットに用いられているSRB-Aで培った技術を活用しつつ、簡素化、低コスト化を追求しています。
具体的には、第1段機体と結合・分離する機構について、SRB-Aで採用していたスラストストラットと分離モータを用いた方式から、 スラストピンと火薬によるガスアクチュエータ(分離スラスタ)を用いた方式に変更し、 結合箇所を大幅に減らします。 また、SRB-Aでは可動式だったノズルを固定式にしています。さらに、燃料タンクと燃焼室を兼ねるモータケースや各構成品については、低コスト化と軽量化を施します。 モータのサイズはSRB-Aとほぼ同じであり、将来はイプシロンロケットの第1段にも適用される計画です。

主要諸元

SRB-3の概要

主要諸元

SRB-3(計画)

SRB-A(参考)(長秒時燃焼モータ)

代表径

φ2.5m

同左

全長

14.6m

15.1m

全備質量

75.5ton

76.6ton

推進薬質量

66.8ton

66.0ton

全燃焼時間

約105s

116s

真空中比推力

283.6s以上

283.6s

真空中推力

約2130kN

約1750kN

開発の流れ

SRB-3の開発は、推進系、構造系、分離系のそれぞれの要素試験を行った後、組み合わせ試験、燃焼試験及び分離試験等を行い、設計の妥当性を評価していきます。主な試験を以下に紹介します。

モータケース試験

SRB-3のモータケースはCFRP(炭素繊維強化プラスチック)を用いた一体構造となっています。モータケースの強度・剛性を確認するため、実機大のモータケースを使用し、耐圧・強度試験を行います。

平成29年4月に実施されたモータケース実機大強度試験(その1)の様子

構造系強度試験

前部アダプタとノーズコーン、後部アダプタと結合構造部はそれぞれ単体で強度試験を実施した後、モータケースと組み合わせた状態で強度・剛性を確認する試験を行います。

分離試験

SRB-3の分離系は、前方に1本、後方に2本の分離スラスタと推力を伝達するスラストピン1本で構成されています。 第1段機体との接合部分が、 分離信号を受けて設計通りに分離することを確認するため、実機大の供試体を用いた分離試験を行います。

地上燃焼試験

固体推進薬の推進特性を最終的に確認するためには実際に燃焼させる必要があります。 SRB-3の開発では、設計の妥当性を確認するための実機型モータを使った燃焼試験と設計が確立した上で再現性や品質を確認するための認定型モータを使った燃焼試験を計画しています。 これらの燃焼試験の中で、イプシロンの第1段に適用するための可動ノズルの試験も実施する予定です。SRB-3の地上燃焼試験は種子島宇宙センターの竹崎地上燃焼試験場で実施します。

SRB-3燃焼試験に関する情報はこちら