ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

ロケット

H-IIA

H-IIAロケット主要諸元

主要諸元 標準型(H2A202)

全長(m) 53
全備質量(t) 289(人工衛星の質量は含まず)
誘導方式 慣性誘導方式

打ち上げ能力 (kg)

打ち上げ能力
標準型 高度化仕様
H2A202 H2A204 H2A202 H2A202
4S(Φ4mフェアリングFairing)
  • 標準静止トランスファ軌道
  • 遠地点高度36,226km
  • 近地点高度250km
  • 軌道傾斜角28.5度
  • 静止化増速量⊿V=1,830m/s
4,000 5,950
  • ロングコースト静止トランスファ軌道
  • 遠地点高度36,226km
  • 近地点高度2,700km
  • 軌道傾斜角20度
  • 静止化増速量⊿V=1,500m/s
2,970 4,820
  • 太陽同期軌道
  • 高度800km
  • 軌道傾斜角98.6度
3,300
  • 低軌道
  • 高度300km
  • 軌道傾斜角30.4度
10,000

※ペイロードアダプタ質量を100kgと仮定

H-IIAロケットラインアップ

H-IIAロケットは、固体ロケットブースタ(SRB-A)を追加することにより、機体のバリエーションを増やすことができます。H-IIAロケットはファミリー化を通して、さまざまな大きさや重さの衛星の打上げ要求に対応していきます。

画像:H-IIAロケットラインアップ

本文ここまで。
画像:人工衛星の情報を掲載 サテライトナビゲーター
画像:宇宙から見た地球を紹介 地球観測研究センター
画像:衛星利用の情報を発信 衛星利用推進サイト
ページTOP